歴史History

ミッドサマー

プロ・アマ・研修生のよる”熱い真夏のゴルフの祭典”

“ミッドサマーオープン”は昭和60年8月以降、地方のゴルファーとプロ選手の技術向上を目的としスタートした。
多くの有名プロも出場し、ルーキーから有名になった選手もいる。
今後も「大きな感動・興奮」を皆様と共に分かち合って行く。

第31回大会より女子の部を新設しています。

  1. 第34回大会 2018-7.10.11

    西日本豪雨災害直後に開催となった本大会では、男女合計164名が参加した。
    男子プロの部は、兼本貴司プロ(グリーンバーズGC)と立花亮プロ(広島CC)が135のスコアで並び、プレーオフの対決となった。兼本プロが激戦を制し、13年ぶり2回目の優勝を果たした。
    アマチュアの部は関藤侑嗣選手(尾道GC)が2位に3打差をつけて優勝した。女子プロの部は、成澤祐美プロ(久米CC)がスコア71で2位に2打差をつけて優勝。アマチュアの部は唐木田梨乃選手(県立東高)がスコア78で優勝した。

    兼本プロ
    第34回男子プロの部優勝 兼本プロ

    <男子プロ・研修生の部>

    1. 1 兼本貴司(グリーンバースGC) 135
    2. 2 立花 亮(広島CC) 135
    3. 3 沖野克文(舟入ゴルフガーデン) 136
    4. 4 すし石垣(ゴルフパートナー) 137
    5. 4 小川貴司(本郷CC) 137
    6. 4 塩見好輝(国際スポーツ振興協会) 137
    7. 4 小池一平(境川CC) 137
    8. 8 大谷俊介(ITEM) 138
    関藤選手
    男子アマの部優勝 関藤選手

    <男子アマの部>

    1. 1 関藤侑嗣(尾道GC) 138
    2. 2 髙尾淳仁(吉備高原CC) 141
    3. 3 平井聖也(福山CC) 148
    4. 4 眞田惣太(松永CC) 149
    5. 5 井上俊樹(小豆島シーサイドGC) 150
    成澤プロ
    第34回女子プロの部優勝 成澤プロ

    <女子プロ・研修生の部>

    1. 1 成澤祐美(久米CC) 71
    2. 2 小川陽子(飯田通商) 73
    3. 2 新田有希(安芸CC) 73
    4. 2 松原衣江(フリー) 73
    5. 5 江口智子(フリー) 74
    唐木田選手
    女子アマの部優勝 唐木田選手

    <女子アマの部>

    1. 1 唐木田梨乃(県立東高) 78
    2. 2 川端悠衣(大洲中) 79
    3. 3 井ノ下愛華(東西条小) 81
    4. 4 村上陽菜(第四中学校) 88
    5. 5 村上ちはる(如水館高) 88
  2. 第33回大会 2017-7.11.12

    男女合計217人が出場した本大会では、男子36ホールズ・ストロークプレー、女子18ホールズ・ストロークプレーの熱戦が繰り広げられた。
    男子プロ・研修生の部は、藤島征次プロ(ロイズコーポレーション)が、135のスコアで並んだ兼本貴司プロ(グリーンバースGC)とのプレーオフを制して初優勝を飾った。
    男子アマチュアの部では井上俊樹選手(香川西高)が141のスコアで2位に2打差をつけて優勝。女子プロ・研修生の部では地元福山市松永町出身の小川陽子プロ(飯田通商)が72のスコア、アマチュアの部では栗原愛選手(広島国際GC)が70のスコアでそれぞれ優勝した。

    藤島プロ
    第33回男子プロの部優勝 藤島プロ

    <男子プロ・研修生の部>

    1. 1 藤島征次(ロイズコーポレーション) 135
    2. 2 兼本貴司(グリーンバースGC) 135
    3. 3 池田浩二(大日電機工業) 136
    4. 3 森川将樹(芸南CC) 136
    5. 5 桑村幸延(フリー) 138
    6. 5 前勇起(サンセG) 138
    7. 5 石徳俊樹(広島CC) 138
    8. 5 大谷俊介(サンロイヤルGC) 138
    井上選手
    男子アマの部優勝 井上選手

    <男子アマの部>

    1. 1 井上俊樹(香川西高) 141
    2. 2 細川淳矢(英数学館) 143
    3. 3 花咲正志(笠岡CC) 148
    4. 4 髙尾淳仁(小豆島シーサイドGC) 149
    5. 5 唐下明徒(JFE瀬戸内海) 151
    小川プロ
    第32回女子プロの部優勝 小川プロ

    <女子プロ・研修生の部>

    1. 1 小川陽子(飯田通商) 72
    2. 2 鈴木花奈(広島CC) 73
    3. 3 山下乃子(フリー) 74
    4. 4 松原衣江(フリー) 75
    5. 4 境原茉紀(広島CC) 75
    栗原選手
    女子アマの部優勝 栗原選手

    <女子アマの部>

    1. 1 栗原愛(広島国際GC) 70
    2. 2 栗原幸(広島国際GC) 71
    3. 3 木内真衣(香川西高) 74
    4. 4 唐木田梨乃(広島県立東高) 75
    5. 5 大西菜生(香川西高) 78
  3. 第32回大会 2016-7.26.27

    本大会は、男女合わせて193選手が出場。
    プロ・研修生の部(男子)は1打差の2位でスタートした河村雅之選手(安芸CC)が65で回り、2位の藤島征次選手(フリー)に3打差をつけて初優勝を果たした。
    アマチュアの部では立川宙樹選手(作陽高)が、2位に4打差をつけて優勝。
    昨年初めて開催した女子の部は、プロ・アマ合わせて17選手が出場。プロ・研修生の部では高橋千晶選手(フリー)が72のスコアで優勝。アマチュアの部では高谷理央選手(香川西高)が75のスコアで優勝した。

    河村プロ
    第32回男子プロの部 優勝河村プロ

    <男子プロ・研修生の部>

    1. 1 河村雅之(安芸CC) 130
    2. 2 藤島征次(フリー) 133
    3. 3 多田知広(高松グランドCC) 134
    4. 4 兼本貴司(フリー) 135
    5. 5 藤井伸一(フリー) 137
    立川選手
    男子アマの部優勝 立川選手

    <男子アマの部>

    1. 1 立川宙樹(作陽高校) 146
    2. 2 花咲正志 (笠岡CC) 150
    3. 2 髙尾淳仁 (香川西高) 150
    4. 2 細川淳矢 (尾道GC) 150
    5. 2 谷本伊知郎(高松グランド) 150
    高橋プロ
    第32回女子プロの部優勝 高橋プロ

    <女子プロ・研修生の部>

    1. 1 高橋千晶(フリー) 72
    2. 2 中原優子(広島CC) 76
    3. 3 熊本莉那(広島CC) 78
    4. 3 大山花奈美(フリー) 78
    5. 3 梶山万里奈(フリー) 78
    高谷選手
    女子アマの部優勝 高谷選手

    <女子アマの部>

    1. 1 高谷理央(香川西高) 75
    2. 2 藤井夢々(香川西高) 81
    3. 3 高谷麻央(香川西高) 82
    4. 4 中谷茉由(香川西高) 85
    5. 4 村田朱絵里(作陽高校) 85
  4. 第31回大会 2015-7.14.15

    第31回大会の今回は、初めて女子の部が設けられた。男子プロの部では、吉田敬三プロ(フリー)小池一平プロ(境川CC)藤島征次プロ(フリー)の3選手によるプレーオフにもつれ込み,吉田プロが激戦を制し初優勝した。アマの部では、生源寺龍憲選手(作陽高)が優勝した。
    女子プロの部では、廣瀬加奈プロ(リージャスクレスト)が優勝。アマの部では、佐田山鈴樺選手(水島中)と栗原愛選手(熊野東中)によるプレーオフの結果、佐田山選手が優勝に輝いた。

    吉田プロ
    第31回男子プロの部 優勝吉田プロ

    <男子プロ・研修生の部>

    1. 1 吉田敬三(フリー) 137
    2. 2 小池一平(境川CC) 137
    3. 3 藤島征次(フリー) 137
    4. 4 原口鉄也(フリー) 139
    5. 4 熊谷則宏(ABCGC) 139
    生源寺選手
    男子アマの部優勝 生源寺選手

    <男子アマの部>

    1. 1 生源寺龍憲(作陽高) 144
    2. 2 谷本伊知郎(高松グランド) 150
    3. 3 藤島征次(岡山霞橋) 152
    4. 4 花咲正志(笠岡CC) 152
    5. 5 定藤玄輝(英数学館) 153
    廣瀬プロ
    第31回女子プロの部優勝 廣瀬プロ

    <女子プロ・研修生の部>

    1. 1 廣瀬加奈(リージャスクレスト) 69
    2. 2 境原茉紀(広島CC) 70
    3. 3 江口智子(フリー) 72
    4. 4 小川陽子(飯田通商) 73
    5. 4 中原優子(広島CC) 73
    佐田山選手
    女子アマの部優勝 佐田山選手

    <女子アマの部>

    1. 1 佐田山鈴樺(水島中) 73
    2. 2 栗原 愛(熊野東中) 73
    3. 3 神田ひなた(市立府中中) 74
    4. 4 三宅絵梨 75
    5. 5 栗原 幸(熊野第一小) 76
  5. 第30回大会 2014-7.9.10

    第30回大会は、プロの部は初日に谷原秀人プロ(フリー)と田中浩太郎プロ(HAL SPORTS)が66でトップに立ち、藤本佳則プロ(フリー)が追い上げ優勝。
    アマの部は西山大広アマ(香川西校)花咲正志アマ(笠岡CC)によるプレーオフにもつれ込み、西山大広アマが激戦を制した。

    藤本プロ
    第30回 優勝 藤本プロ

    <プロ・研修生の部>

    1. 1 藤本佳則(フリー) 130
    2. 2 谷原秀人(フリー) 132
    3. 3 原 敏之(高松ゴールドCC) 136
    4. 4 前田紘成(土佐CC) 138
    5. 4 川原 実(観音寺GC) 139
    西山選手
    アマの部優勝 西山選手

    <アマの部>

    1. 1 西山大広(香川西) 149
    2. 2 花咲正志(笠岡CC) 149
    3. 3 仲盛貴明(香川西) 151
    4. 4 藤井勝成(岡山国際GC) 153
    5. 5 天野貴之 153
    6. 5 諏澤 ー(笠岡CC) 153